戦国、安土桃山時代総合

 
1 名も無き虎(08/07/23(水)09:50 ID:ZrdejvipY) 

日本史ならやっぱりこの時代だろ
   
戦国、安土桃山時代総合画像
 | 全コメント表示 | ×閉じる | 
2 名も無き虎 (08/08/03(日)00:10 ID:G23MB2COg) 
男ならこの時代だな!
3 名も無き虎 (08/08/05(火)10:05 ID:O1rTovQoI) 
今の時代は生きながらにして死んでるようなもの
この時代に産まれたかった
4 名も無き虎 (08/10/10(金)13:31 ID:CIAFqXHlc) 
南北朝のほうがかこいいよ
5 名も無き虎 (08/10/10(金)23:43 ID:06QN7XOTk) 
なにについて語るの?
話をはじめようぜ。
最近、騎馬武者などいなかったというのが、マンガのおかげで有名になったが。
まったくと言うわけじゃないのだろ。
詳しい人教えて。
6 名も無き虎 (08/10/11(土)08:04 ID:wETITyXBc) 
姉川合戦図屏風には
追走、併走する敵二騎の槍を胴の捻りでかわしざまに
太郎太刀を馬上から振り下ろさんとする真柄直隆の肖像が残されている。
7 名も無き虎 (08/10/11(土)12:56 ID:RFh2db2Yo) 
強い物が勝つ、というかガラガラポンの時代だな。
最近でも終戦直後がそういう時代だった。
今は時代が落ち着いて来た、というか保守化して人間が小さくなった。
世の中の上下が入れ替わるくらいの大変化が来るといいね。

でも戦国時代が好きって言うのは、ゲームの影響だろ?
おまいら。
8 名も無き虎 (08/10/11(土)18:37 ID:TBp.dCzUo) 
徳川家光品川御殿に遊行し、近侍の者等が剣術の仕合を為すを見て興がり、
御馬方諏訪部文九郎を召し、仕合を命ぜられた、
時に文九郎、
「馬上にての仕合ならば負けまじきを」
と云った。
家光がこれを聞き、馬上の仕合をとなり、近侍の面々馬を乗り出し、
文九郎と仕合をしたが、悉く打たれたので、家光大いに感じ、
「文九郎は馬上達者なる故、近侍中一人も勝つ者なし、この上は柳生但馬出て仕合うべし」
とのことである、但馬守、
「畏り候」
とて馬上にて立合い、南方より乗り出しその間合い三間程になった時、
馬を駐めて文九郎が乗り来る馬の面を一打ち打ち
馬の驚いて起った所を乗寄せて文九郎をはたと打った。
家光、これを見て、
「真に名人の所作、時に臨んでの働き尤も妙」
と感心したとの事である。
「常山紀談」
9 名も無き虎 (08/11/03(月)16:11 ID:.0dqexRF2) 
戦国時代のゲームブックほしくなってきた
10 名も無き虎 (08/12/24(水)00:31 ID:bTWuRWTYM) 
中世の陶磁器
戦国、安土桃山時代総合画像10
11 名も無き虎 (08/12/26(金)00:42 ID:wsviqvqwo) 
あんどちょうさん時代?
画像は何かお祭りしてる様子なのかい?
12 名も無き虎 (08/12/31(水)15:45 ID:J5lv3jVEM) 
お祭りだ〜
わ〜〜い♪
13 名も無き虎 (09/07/14(火)17:46 ID:LuhFgc2w2) 
南北朝時代のほうが好き
14 名も無き虎 (09/07/14(火)20:00 ID:7VQe2rwwc) 
たぶん当時の人は毎日地獄のような思いで生きてたんだろうね。秩序の崩壊した力だけが正義の時代。
>>1が思ってるような恰好のいい時代じゃなかったと思うな
15 名も無き虎 (09/07/14(火)20:52 ID:9XCcotKWA) 
出世をめざす人にとっては生きがいはあっただろうけどな
農民からだって大名どころか天下統一だって出来る時代だったんだから
今はもう何から何までがんじがらめで「俺の将来知れたもの」状態
金だけ欲しいなら社長でも目ざせばいいんだろうけど

という俺は奈良時代の方が好きw
16 名も無き虎 (09/07/15(水)05:18 ID:XLua3cNyo) 
「自倭乱朝鮮七載、喪師数十万、餉数百万、中朝与属国無勝算、至関白 死而禍始息」
「朝鮮王朝実録」
 「日本兵との接近戦を禁じた」
 「日本兵捕虜に熱心に剣術を習った」

「宣祖修正実録」
「天兵(明兵)短剣騎馬にして火器なく、道険しく、泥深くして馳テイする能はず。
賊(日本軍)長刀を奮ひて左右に突闘し鋭鋒敵なし。」

「懲秘録」
賊(日本軍)は歩兵で、打ち振る刀は、三、四尺におよび、鋭利無比のものであった。
賊はその鋭い刀を左右にはげしく打ちふるい、人馬の区別なく斬り伏せた。
全くその勢いには抗すべき道がなかった。

「明史」
「自倭乱朝鮮七載、喪師数十万、餉数百万、中朝与属国無勝算、至関白 死而禍始息」
我が国とその属国(朝鮮)に勝算は無かったが、関白(豊臣秀吉)の死によって戦争は終わった
17 名も無き虎 (09/07/15(水)11:33 ID:A9WZGiLvA) 
>秩序の崩壊した力だけが正義の時代。
それはどっちかっつーと室町時代

安土桃山は秩序が形成された時代
封建制から貨幣経済への転換期
そして勅令に力があった最後の時代
18 名も無き虎 (09/07/15(水)17:40 ID:Twepn2ckc) 
逆説の日本史でそう書いてあったの?
19 名も無き虎 (09/07/16(木)01:31 ID:MLabasF9I) 
>>17
室町でくくっちゃうとちょっと広すぎるな。
でもたしかに
普通一番荒れていた時代は
応仁の乱前後ってのはごく普通の話だね
20 名も無き虎 (09/07/17(金)07:23 ID:CSWVoTGEI) 
貨幣経済への移行は室町の頃から起こってるだろ。それが最終的に応仁の乱につながる西国での戦乱の引き金なんじゃないか。
後ね、戦国時代の開始と終点どこに取るかいまだに意見があるみたいだけど仮に応仁の乱から将軍追放までとしても百年超だよ。
君たちの頭の中では応仁の乱の次にはすぐに織田信長が登場しているような感じになっていないか。
21 名も無き虎 (09/07/17(金)10:29 ID:5WecKIsPk) 
17が誰かの頭の中では複数人に分身しているらしい
22 名も無き虎 (09/07/19(日)08:05 ID:FsmbDP.Ts) 
農民は一揆で対抗するしかなかった時代。その中でも激しかったのが加賀一向一揆と石山本願寺と織田信長との十年戦争
だけど両方とも鎮圧された後織田配下の有力武将の本拠地にされちゃったね
23 名も無き虎 (09/07/19(日)11:52 ID:1YDNTfJ9k) 
でも地主の交渉能力の高いところだと
一揆なんかやらずともわりと生活できていたのも事実
24 名も無き虎 (09/07/19(日)13:00 ID:OVNlLPIf6) 
一向宗は農民勢力というより宗教勢力
十六世紀を通じて本願寺は一揆の激を飛ばし続け、それにより税が半減した地域もあったが
実は税の減免分はそのまま本願寺が受け取っていたので農民の生活は変わらなかったんだよ


信長への対応で、抵抗派と退城派が後の東西本願寺の分裂を招くことになる
25 名も無き虎 (09/07/21(火)19:11 ID:rvvvUDNPg) 
毛利って、織田の次ぐらいの大国なんだけど。
なんで天下取れなかったのだろ?
反信長包囲網に参加するのも遅いし。
毛利元就以降の歴史をしらないだけなんだけど。
それなりの天下取りの戦略とかあったのかな?
26 名も無き虎 (09/07/21(火)19:44 ID:BF3bYrHhk) 
いちおう大ざっぱには商工業を重視して金を持っていた信長に対して
旧来の米中心の名門封建領主は金銭的に貧乏だったので後れを取った
ということになっている

石高での大国かどうかは軍事力の決定的な差では無くなりつつあったもよう
27 名も無き虎 (09/07/22(水)00:51 ID:uoFx.HQ9g) 
>>25
毛利氏は、元就の遺言で「天下を望まず」の方針だった。
28 名も無き虎 (09/07/27(月)17:42 ID:paaY5O8WQ) 
>>22
石山本願寺が信長と戦ったのは四国に合った細川家防衛のためでしょ
29 名も無き虎 (09/08/31(月)19:18 ID:dIZcVYVZU) 
>>6
白山比盗_社宝物庫の太郎太刀、見たことあるけど、
よくあんなもの振り回せられたなと思う。
30 名も無き虎 (09/09/02(水)17:02 ID:pgn9xvAZg) 
太刀は馬上で扱うから普通の刀より大きい
実際に頭上に振り回すことはなかったでしょ
31 匿名 (10/11/17(水)09:23:30 ID:MY4X9XXq.) 
振り回さずともただ「落とす」だけでも充分な殺傷力

戦国、安土桃山時代総合画像31
32 匿名 (10/11/18(木)08:18:17 ID:YLogVm7xw) 
『騎兵と歩兵の中世史』 近藤好和
大太刀では、重ねを薄くしたり、鎬地に棒樋を彫るなどの重量軽減化が計られている点はすでに指摘した。
さらに、著者は、平成六年(一九九四)一月に愛知・熱田神宮で開催された
『大太刀と小道具』展の展示と撤収のお手伝いをさせていただいたり、またその他の機会で、
前掲の古刀期最長の長船法光や飯野八幡宮の長船盛景大太刀・大長刀を何振りも実際に手に取っている。
その経験から言えることだが、長寸な太刀でも反り具合や柄の状態などの微妙な調整で手持ちは良くなるものである。
法光にしても著者は数回手にしているが、その重量は一四`近いものの、
実際に持ってみると、見かけの豪壮さに反し、意外と持ちやすい。
33 匿名 (10/11/24(水)15:48:42 ID:M5RLH4ntQ) 
馬の上から使うなら
走りながら当てれば
本人はゆっくり振っても
剣はかなり高速でぶちあたるだろうな
34 匿名 (10/11/24(水)19:13:59 ID:PTRLaSDfs) 
ふらなくてもダメージ大だろう
先日も道路に紐をはって引っかかったバイクの女性に重傷を負わせた米兵の子供がいたしな
35 匿名 (10/11/24(水)21:38:50 ID:ooLBD5yvI) 
戦国鍋TVおもろい。
とくにキャバ嬢のやつは最高だ。
36 匿名 (10/11/25(木)02:34:30 ID:D9MUX7GCg) 

なんだろうとおもって検索しちゃったじゃないか
37 匿名 (10/11/30(火)02:48:24 ID:QBYYG7zzM) 
>25
毛利氏は、惣一揆的大名だったから
天下取るのは難しいよ。
38 匿名 (10/11/30(火)03:13:14 ID:rmyEez4rs) 
>36
それを観たあとで龍造寺はおもしろい。
オーストラリアみたい形?
39 匿名 (10/11/30(火)09:49:02 ID:jAyzjvqc6) 
戚継光 「紀効新書・長刀解」
此は日本人が我が国に攻めてきた時初めてわかったことである。
彼らは舞うような歩法を用い、前方への突進力は光が閃くようで我ら明の兵は気を奪われるのみだった。
日本人はよく躍動し、一度動き出せば丈あまり、刀の長さは五尺なので一丈五尺の間合でも攻撃される。
我が兵の剣では近づき難く、槍では遅すぎ、遭遇すればみな両断されて殺される。
これは彼らの武器が鋭利であり、さらに両手で振れるため強力で重い刀を自在に用いているためである。
こちらもただやられてばかりではない。
武士には遠くからの鳥銃が有効である。
だが武士は全く臆せず攻めたり刺したりできる至近まで突っ込んでくる
兼ねてよりこの銃手が弾を込める間に時間を取られて接近を許すことが多い
その勢いを止められない
武士の刀捌きは軽くて長く
接近を許した後の我が軍の銃手の動きは鈍重すぎる。
われわれの剣は銃を捨てて即座に対応するための有効な武器ではないのだ。
それゆえ我々も日本式の長い刀を備えるべきだ。
40 匿名 (11/03/04(金)16:14:20 ID:4kltOGKqM) 
又法勝寺の中へ引篭らんとしける処を、丹波国の住人佐治孫五郎と云ける兵、
西門の前に馬を横たへ、其比会てなかりし五尺三寸の太刀を以て、
敵三人不懸筒切て、太刀の少仰たるを門の扉に当て推直し、
猶も敵を相待て、西頭に馬をぞ扣たる。山徒是を見て、其勢にや辟易しけん。
41 匿名 (11/07/09(土)00:19:58 ID:s38eMYxWo) 
懲秘録

・日が暮れ、賊は、(白)光彦らの緊張がやや緩んだのを見て、
白刃をきらめかせて大声をあげて突進して来た。
光彦らは、あわてて馬を探して逃げようとしたが、間に合わず、
みな賊に殺されてしまった。
諸軍はこれを聞いて恐れおののいた。
42 匿名 (12/02/09(木)16:36:18 ID:IR/BhTKoE) 
43 匿名 (12/03/30(金)16:55:54 ID:ZPC.h.VLw) 
44 匿名 (12/04/26(木)15:58:49 ID:2crxGgCxs) 
45 匿名 (14/09/28(日)15:44:06 ID:RB4/SLbDg) 
あげ
戦国、安土桃山時代総合画像45
46 匿名 (14/10/01(水)18:46:11 ID:DDOThNx2o) 
伊勢が坪城跡
47 匿名 (17/07/21(金)23:09:03 ID:UiZ.82VT6) 
>>5
騎馬武者は居たでしょう
48 匿名 (17/07/29(土)23:59:05 ID:yqwPd5EwE) 
真柄さんかっこよすぎ
49 匿名 (17/07/30(日)22:37:55 ID:H3/d0I9G6) 
大河とかの戦国時代ものでも大太刀とか長巻使ったアクションもっと多用してくれたらいいのにな
50 匿名 (17/08/04(金)21:39:09 ID:sa8M0p6PM) 
江戸時代の規制で大方の大太刀が摺り上げられちゃったのが残念
奉納とかでなんとか現存してよかったけど
51 匿名 (17/09/09(土)11:30:09 ID:F/.Z02xQ6) 
>>28
利権問題が大きかった気が
ハリコのとらアンテナで面白いブログ記事がすぐ見つかります
独身のおっさんはこれ見てどう思う・・・???(※画像あり)
NHK、ネット受信料見送りへ
福岡の高校生さん、川遊びの最中に目があった仏像を引き揚げてしまう…
安室、宇多田、浜崎以降の歌姫wwwwwww
思春期に恋愛経験なかった奴はその後の人生も悲惨らしい
 | 
閉じるTOP歴史板 > このページ
名前: sage: 削除パス:

画像 YouTube
 画像ファイル 対応形式(jpg / gif / png) 最大データ量 512 KB



書込む前に利用規約をお読み下さい
今見てる人→人    多重債務 harikonotora.net